日本のサラリーマン社長には無理だろうな・・・

凄いな。

世界的な金融機関のトップが官僚主義と闘う決断をするとは。

Bloomberg, 会議は時間と金の無駄、ダイモン氏はJPモルガンの官僚主義と闘う

日本の大企業のサラリーマン社長には無理だろうな。

無理な理由は簡単。

日本の大企業の出世制度は、「減点法」だから。

したがって、出世に一番必要な能力は、「ミスをしない」こと。

ミスをすれば減点されるからだ。

日本の企業では仕事のできる社員は、成果を上げる人材ではなく、ミスをしない人材のこと。

こうした大企業を創業した当時の創業者達はミスの繰り返しだったのに…

残念ながら長い時間の経過と共に、会社は巨大化し、いつの日か創業期の面影は無くなり、組織は硬直化し、その組織の長たる人材は守りの姿勢を強め、知らぬ間に会社も攻めの姿勢を忘れ守りの姿勢を強めてしまう。

実に残念なこと。

 

だからと言って、業績主義の人事制度が必ずしも良いとも思わない。

だから非常に難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA