仮想通貨=下層通貨

最初に問題です。

What is this?

レーバーノート

この時の仕組みが今度は仮想通貨という名称で再登場した訳だ・・・

僕はこのブログを読んでいる方々に飯を食わせてもらっている訳では無いから、読んでいる方々の気分を害するようなことでも正直に書く。

僕の仮想通貨批判は一貫していて、お金を産み出すことの無い仮想通貨が資産足り得ることはなく、交通系ICカード(スイカやパスモ等)の方がまだ利用価値が高いと思っている。だから僕にとってはビットコインの価値は5ドルから10ドルの価値しかないと感じている。

しかし、世界中で仮想通貨(の値上がり)を信じる方々が多く、チューリップバブル期並みの上昇を記録してしまった。

信じる方々が増殖するのには理由がある。

そこには「ねずみ」がいるからだ・・・チュー(*´з`)

僕が仮想通貨に投資をしている方々と話をして感じたのは、仮想通貨の何が優れているのかをまともに説明できない人物が多いこと多いこと。金融のことがわかっていれば仮想通貨がインチキな通貨だとわかるはずなんだが、金融がわからない上に、フィンテックのことなどわかりもしないのに、ブロックチェーン技術というカタカナだけは知っていて、その単語を使って「仮想通貨とは!」と僕にわざわざ説明してくれる^^;

「おいおい、俺を馬鹿にしているのか!!!」と思いながら話を聞いていたが、聞くに堪えない。

しかし、世の中にはこんな話を聞いて、仮想通貨に投資をしようと思う奴がいるんだから詐欺が上手くいく訳だなと感心しました。

個人的な結論ですが、仮想通貨=下層通貨なんだなと。

仮想通貨を信じる多くの人は、①金が無く欲に目がくらんだか、②教養が無いか、③またはその両方だと思う。

こういうタイプは人間ピラミッドの「下層」に多い。そして人を騙す際は、失礼、ビジネスを行うには、ピラミッドで自分の立ち位置よりも下層を狙う方が得策だ。

これ何かに似ていませんか?

そうそうご存知「ねずみ講(現代ではネットワークと呼ぶのか?)」ですね。

可視化するとわかり易いです。
ねずみ講1
そもそも一般的に普通の人は金融商品で騙され易い。

騙される方が悪いというけど、法的にも、倫理的にも騙す方が悪いと思う。

しかし、理解できない人々を騙すのは昔から簡単らしい。

肝心なところは煙に巻く・・・

もちろん仮想通貨を最初に作った人は、騙そうと思って仮想通貨を始めた訳では無いような気がする。

それを「ねずみ講」の連中が広げたから質が悪い。

どう考えても合理的でない「仮想」通貨が、「ねずみ講」と巡り合い、人類のピラミッド構造で「下層」な連中に受け入れらてしまって、勝手に暴走してバブル化した結果、今の仮想通貨の価格がある。

ではどうして暴走してバブル化したかというと、「ねずみ講」の「下層」に分類される人々は、①金がい、②教養が無い(というか、考えない)、③その両方の人々が多いからだと思う。

まぁ、僕の人生には影響を及ぼすことも、世界経済にも影響を及ぼすことのない「以下同文」な人生の連中の財産が、紙くずになろうが、消えて無くなろうが、そんなこと僕には全く関係ない。しかし、一応ながら研究者としての老婆心があるので、「下層」の方々のそれじゃなくても少ない財産が、さらに少なくならないようにと思って、便所の落書きレベルで警告している。だからこのブログに書かれていることを戯言と思ってもらって構わない。

でも、便所の落書きは自由だから今日もまた書かせてもらいます(^_-)

Bloomberg, ビットコイン、7500ドル割れ-5月高値からの下落率20%超え

当然だね。でも、まだ7500ドルも価値があるのかと思うと、本当にしぶといぜ。

さて、2017年9月17日の為替レポートにこう書いた。

仮想通貨の裏付けは人々がビットコインを信じていることと、その裏付けが一般の人々にはよくわからない最近出現したブロックチェーン技術です。』

信じることで救われる。いや、次の貧者、失礼、信者を見つけることで救われる。これって「ねずみ講」ではとても大切なんです。

先日『仮想通貨ってバブルの勉強に良いかも知れない。』を書いた。

その中で僕は柔らかめにこう書いた。

『研究者として単なる好奇心で仮想通貨に投資をする人々を見ているので、私の意見が正しいとか、間違っているとか、どうでも良い。

さて、仮想通貨の熱狂的な信者達はこうしたニュースに喜び、仮想通貨も未来は明るいと思うのであろう。

Bloomberg, ゴールドマン、仮想通貨のトレーディングデスク設置へ-関係者

Bloomberg, ソロス氏のファミリーオフィスが仮想通貨取引を計画

Bloomberg, マネックスG、コインチェックを36億円で完全子会社化

ソロスのファンドが実際に取引をするのか、なぜするのかはわからないが、少なくともゴールドマンとマネックスは投資家が売買するなら手数料が入るので、そのトレーディングに対するプラット・フォームは提供する価値があるであろう。

しかし、そのことと仮想通貨の未来が明るいという事には何の関連性も無い。それはどこかの上場会社の株式が上場廃止になる日までネット取引できると同じ理屈だ。

それでも仮想通貨の投機家達が熱狂しているのは、頭の中の整理ができないことと心の不安を少しでも減らしたいからに過ぎず、それは単なる確証バイアスに過ぎないと思う。』

不安を減らし、確証バイアスにすがりたい心理は、「ねずみ講」における自分より下層にいる信者の出現が危ぶまれるからだ!!!

イェール大学教授でノーベル経済学賞を受賞しているシラー教授がとても良いことを書いているので紹介しておこう(ねずみ講の「下層」の人には英語難しいかな?)。

Bloomberg, Robert Shiller Warns Crypto May Be Another Cincinnati Time Store

“No one, outside of computer science departments, can explain how cryptocurrencies work,” Shiller wrote in a blog post. “That mystery creates an aura of exclusivity, gives the new money glamour, and fills devotees with revolutionary zeal. None of this is new, and, as with past monetary innovations, a compelling story may not be enough.”

シラー教授はこう言っている。

コンピュータ科学が専門でない人々は、仮想通貨がどう機能しているか誰も説明できない。その不可解さが排他的なオーラを生み出し、新たな通貨に魅力を与え、支持者らを革命の熱気で満たしている。今回の(仮想通貨)も何も新しいことではなくて、過去の金融革新と同様に説得力のある話だけでは(革命には)十分ではなかろう。』

やはりノーベル賞を受賞するような方は違うな~。的を得ているし過去の研究もされている。肝心なところは誰にもわからないという不自然さをオーラと感じさせる技はさすがに「ねずみ講」ですね。

この先仮想通貨が向かう未来は完全に見えてきた。

通貨革命失敗で、仮想通貨は通貨としても最下層という (‘◇’)ゞ

金融も経済ももちろんわからん上に、株や為替で儲けたことが無い奴が、突然変異で仮想通貨だけ理解できるとは到底思えない。そんな連中が僕に仮想通貨の話をしてくる時に、「こんな説明で多くの人が投資ができるなんて、実は僕が頭が悪いのか?」っていつも感じていたが、シラー教授がきちんと説明してくれているので、理解できたし、安心した。

仮想通貨の価格が上昇してきたのは、「まだまだ上がる」と次から次へ新たな買い手に思わせるだけのことで、これは単なる「ねずみ講」と同じビジネスモデル。「まだまだ上げる」と信じる人々がいなくなると後はご愁傷様でしたってことです。

Ω\ζ°)チーン

信者さん達、せいぜい気張ってや~

プッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA