今週のドル円(2018年7月23日月曜日)

16日(月)から1週間第一回目の夏休みを頂きマンモス!

実はロサンゼルスでいろいろとお仕事しております。

暑い日が続きますね・・・(‘◇’)ゞ

先週は夏休み(第一回目)を頂きました。更新されないので「何かあったの?」と思った皆様、ご心配をお掛けしました。

さて、7月18日の午後に大学院生にLineで配信した内容。

『ダウも間もなく反転する可能性がある。』

INDU(2018年7月17日)

『ドルインデックスも天井で反転の可能性あり。』

USD(2018年7月17日)

『113円台から今週の上限113.5円までの間で、瓜の漬物を仕込むのはその意味で面白いということ。 』

そして昨夜はトランプ大統領が本音トーク。

ロイター, トランプ米大統領、FRBの利上げ「喜ばしくない」

その結果・・・(๑˃̵ᴗ˂̵)و

週間高値の113.16円から112.06円まで一気に1円以上の下げ(笑)

ドル(2018年7月23日)

そして今朝の時点では110円台へ。

113円台から113.50円での瓜の漬物の仕込み・・・どんなもんだい!

(ΦωΦ)フフフ…

2018年7月16日週のドル円概況:

米中貿易摩擦を巡る緊張は残るものの、17日に半期に一度のパウエルFRB議長の議会証言が米上院銀行委員会で行われた。パウエル議長は、米経済の見通しについて、今後数年間は労働市場が堅調に推移し、インフレ率もFRBが目標とする2%近辺で推移すると語ったことから段階的な利上げ路線に変更はないとして18日に113円台を回復。原油価格の下落や新興国通貨の下落を受けて、ドル円は113.16円の週間高値をマークした。しかし、その後トランプ大統領がメディアとのインタビューでFRBの利上げに不満を表明。景気対策を行う中での利上げが邪魔をしているとの見方を示した。一方で関税合戦では勝ち目がない中国が人民元安への誘導を行っていることへの牽制とも考えられ、ドル高への間接的な介入とも考えられ、20日金曜日には週間安値となる111.39円まで下落した。

2018年7月16日週の予想レンジ:

110.50円~113.50円

2018年7月16日週の実際のドル円:

111.39円~113.16円

2018年7月23日週のドル円予想:

週末未ニューチン米財務長官もトランプ大統領と同調するように中国の人民元安誘導に為替操作の疑いがないか注視していることが報じされていることや、週末に開催されたG20でも貿易不均衡の是正に向けた具体的な合意が取りまとめられないまま閉会しており、ドル円の頭は重いと考えられる。

2018年7月23日週の予想レンジ:

119.50円~112.00円

思ふ事:

19日のこのニュース。

メディアの連中の非難はFRBの金融政策の独立性を損なう恐れがあるというような論調だは、それは正直的外れ。

ロイター, トランプ氏、FRBの利上げを批判 強いドルは「米国に不利」

『CNBCによると、トランプ大統領は日銀と欧州中央銀行(ECB)が緩和的な金融政策を維持するなか、FRBによる利上げで米国が「不利な」立場に置かれる可能性があると懸念していると表明。米大統領はこれまでFRBの政策、およびドル相場を巡るコメントは控えてきたが、トランプ氏のこの日の発言はこうした慣習に反するものとなる。』

肝心なテーマはドル高是正。いや明確に「為替操作による人民元安への批判」を強めるための布石だと思った。

トランプ米大統領は20日のツイッターへの投稿で、通貨と金利を不当に低い水準に操作してきたと中国、欧州連合(EU)を批判。

そして、ムニューチン米財務長官の発言がニュースに掲載された。

ロイター,  インタビュー:人民元、為替操作の兆候注視=米財務長官

長官は中国が米国との通商問題で為替を武器として利用しているかもしれないと懸念しているかとの質問に対し、「武器か武器でないかといっているわけではない。通貨安が不公平な利益をもたらすことは疑う余地が無い」と指摘。「為替操作を行ったかを非常に注意深く精査していく」と述べた。

ぼく個人的には中国は為替操作国だと思う(欧州と日本は意図的に低金利で自国通貨安に留めておこうという戦略が透けて見えると思う)。

先週の16日(月)の為替週報に超珍しく人民元のチャートを掲載したのだが、覚えているであろうか?

もう既に為替操作の問題に波及すると思っていたからだ。

何故かって?

貿易戦争では金融危機は怒らない。貿易戦争が金融危機のキッカケになるのはどの経路をたどらないといけないのかを考えれば自明だ。

僕は基本的に志那ネタは無視、志那人も無視しているほど志那嫌いだなのだが、この時だけは本当に超珍しく人民元チャートを掲載した。

狙いは「為替操作」の疑惑があることに対して、警鐘を鳴らしたかったからだ。

2017年の統計をベースに考えてみよう。

米国の中国からの輸入額:5,063億ドル(中国から米国への輸出額)

中国の米国からの輸入額は1,304億ドル(米国から中国への輸出額)

その差は約4倍。

ドル・人民元相場が一定であれば、関税合戦で勝利するのは米国(痛手を被るのは中国)。しかし、ドル高・人民元安になれば、勝敗は変わっくる。

今、中国は関税分の輸出の落ち込みを、自国通貨安(人民元安)で切り抜けようと画策している疑惑がある。

通戦争という言葉が出始めた。

Bloomberg, 通貨戦争の様相、米財務長官がトランプ大統領に続き中国を名指し批判

ムニューチン米財務長官は通貨戦争を否定したが、 貿易戦争から通貨戦争へ。

Bloomberg, 米財務長官:通貨戦争の可能性ない-トランプ大統領の為替批判でも

金融的事象へ変化してきたってことだね(^_-)

追伸、

明日は我が身だ。

ロイター, 為替巡るトランプ氏発言、日本も要注意=財務省当局者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA